やっぱりイタリアは美味しい〜!!
今回ボローニャに戻ってすぐ、郊外のレストランに行ったのに、それをアップするのを忘れていました。

一度偶然通りかかって入ろうとしたら満員で、それ以来気になっていたお店に、約1ヶ月前の週末行って来ました。ここは店の裏に池(Lagoラーゴ)があるので、お店の名前も「Il Laghetto イル・ラゲット」。池の方にテラスがはり出してあって、なかなかいい雰囲気。

土曜日だったのですが、お昼のメニューが13ユーロ(約2.000円)で、プリモ、セコンド、コントルノ(付け合わせの野菜)、水、ワイン、コーヒーが付きます。初体験のレストランでは、やはりプリモはボローニャ料理の定番「タリアテッレ・アッ・ラグー」
c0053696_2159930.jpg


セコンドは「ボローニャ風豚カツ」。薄い豚カツの中にチーズが入っております(ちょっと重い)。
c0053696_21583259.jpg


そして、付け合わせの焼き野菜。
c0053696_2157403.jpg


ちなみに主人は「Affettato misto ハムの盛り合わせ」を取りました。
c0053696_2254688.jpg


息子はテーブルについているのに飽きたら、池の中の鯉やカモにパンをあげて大喜び。外には、ブランコや滑り台などもあって、子連れにはお薦めの場所でした。

暖かくお天気の良い日には、このように郊外のレストランで食事をするには、ボローニャは本当に良いところです。

そして、ボローニャの郊外(と言っても隣町モデナ市なんですけど)にはヴィニョーラというサクランボの産地があります。この時期、毎年車でヴィニョーラ近郊の農家へ直接サクランボを買いに行っていたのですが、今年は主人がおらず車で行けないので、近所の八百屋で買うサクランボで辛抱。でも、先日ボローニャの中心のメルカートですんごいでかいサクランボを発見。ちょっと高かったのですが(1キロ8ユーロ、約1.300円)好奇心で買ってみました。これがすごくあま〜くて美味しかった。卵と並べてみました。卵はLの大きさです。
c0053696_21531283.jpg


こちらのサクランボは日本で売っているいわゆる「アメリカン・チェリー」のように赤紫のサクランボ。実は日本に居た頃は、この「アメリカン・チェリー」はあまり好きではなかったのですが、こちらに来て大好きになりました。逆に最近は、佐藤錦の方が、ちょっと固く甘さが足りないように感じるようになりました。

先週末には、そのヴィニョーラで「Sagra di cigliegi サクランボ収穫祭」がありました。行けなくて残念!!
[PR]
by carissimi | 2008-06-19 22:06 | イタリア美食事情
<< 秋になりました。 暑かったぁ〜。 >>