<   2008年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
戻って早々。
先週、ボローニャに戻りました。戻って翌日、息子は時差ぼけのまま幼稚園に出かけ、なんと頭を3針縫う怪我をしてしまいました。

ボローニャ空港に夜7時頃着くと、家へ向かう車の中ですでに寝てしまい、家に着いて着替えさせようが何しようが全然起きず、でも、夜中の3時に目が覚めて久しぶりのおもちゃで遊んでそのまま幼稚園へ行く時間に。まぁ、幼稚園でお昼寝があるからいいだろう、と思ってそのまま行かせ、私たちはお昼過ぎに買い出しに郊外の大型スーパーへ向かいました。

その買い物の途中、主人の携帯に幼稚園から電話が来て、なんと息子が頭を切ったので病院に連れて行った方が良い、との事!とりあえず、買い物かごの中に入れていた物を元の場所に投げ戻し、急いで幼稚園に向かうと、一人でつまずいて木のベンチの角に額をぶつけたらしく、右の額が幅2センチくらいざっくり切れて、骨まで見えていました。。。先生が氷を当ててくれていたので、血は止まっていましたが、けっこうショッキングな傷。骨ってああやって見えるんだぁ〜。。。けっこう真っ白。

そして、近所の緊急病院に連れて行き、案の定3針縫う事に。局部麻酔をして治療をするのかと思ったら、何にもしないで縫い始めるので、ちょっとびっくり!先生2人と親2人で頭から足までがんじがらめにして、15分ぐらいで治療は終わりました。針を刺す時にはやっぱり痛かったらしく「Basta! バスタ〜ァァァ!!(日本語で、「もういい〜!」という意味)」と泣き叫んでいましたが、終わったらケロっとしていて、先生に「Sei stato bravo(おりこうさんだったねぇ〜)!」と言われると、「Ho 4 anni (4歳だもん)」なんて答えていたので、頭は正常に動いているようでした。

その後、小児科の先生が、目や耳、鼻や手足の動きに異常がないか診察してくれましたが、先生が「目をつむって指で鼻をさわってごらん」って言うと、鼻の穴に指をつっこんでふざけるような余裕があったので、とりあえずどこも異常はないようです(と言うか、ひどくなった???)。

その夜は、時差ぼけと結局お昼寝もしなかったので疲れもあってか、泣いたり夢でうなされるような事もなく、7時過ぎから翌朝6時までぐっすり寝て、翌日から普通通りに幼稚園に行きました。

そして昨日、抜糸をしました。傷口も綺麗に閉じていましたが、多少傷は残るだろう、という事。でも男だし、主人も似たような場所に傷があるので、我が家の男のシンボル、という事でしょう。男の子なので生傷は絶えないだろうと、覚悟はしていましたが、でも骨が見えた時はショックでした。。。

でも、こういう傷の時は、日本でも麻酔しないものですかぁ〜???こちらのお友達の子供も、顎を3針縫った時に麻酔をしなかったそうです。息子の場合は、傷口のところだけに穴が開いた布を顔にかけて、針や鋏が近づいて来るのを見えないようにしてくれていましたが。

まぁ、とにかくこの怪我も自分でつまずいた事が原因。他の子に押されたとか、突き飛ばされた、とかでなくて良かったです。やっかいな問題になりますからねぇ。

イタリアに戻って早々、ちょっとひやっとした出来事でした。
[PR]
by carissimi | 2008-05-17 04:45 | イタリア育児事情