<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
幼稚園入園申込
先日、息子の保育園でシラミ騒動があった話を書きましたが、先日、ボローニャで週1回日本人ママさんとやっている「日本の絵本を読み聞かせる会」の集まりに行ったところ、他の幼稚園でも出たとか。。。やっぱりこちらでは良くある話でした。シラミ退治用のシャンプーもあるとか。この時期に繁殖しやすいのかしら???

さて、この「読み聞かせの会」での最近の話題は、1月末にあった幼稚園の入園申込について。こちらは9月に新学期が始まりますが、1月後半に通いたい幼稚園の候補をいくつか提出して、春に発表されます。なので、必ずしも第1希望の幼稚園に入れるとは限りません。

ボローニャの幼稚園は、住んでいる学区内の幼稚園から選ぶ訳ですが、チェントロ(中心地)には庭の広い幼稚園が少なく、建物も古かったりします。そんな中で人気があるのが、ボローニャからバスで15分程の丘の上にある幼稚園。チェントロからいくつもの送迎バスが出ていて、丘の上にあるので空気の良い。しかもよっぽど大雨でない限り、冬でも外で遊ばすとか。なので、風邪をひく子が本当にいないらしい。

ここは学区としてはチェントロのある区域に属する事になっているので、通える子は基本的にその学区の子だけ。でも、喘息を持っているとか、何か正当な理由があれば学区外でも入れるらしい。

すごい競争率らしいが、「読み聞かせの会」の中で、この学区に住んでいるママさんは第1候補に入れ、その説明会に行った時の話を聞くと、子供が親と離れて泣かないか心配するイタリア人のママさんから「朝、送迎バスに親は乗れるのですか?」という質問が出たとか。先生は「だめです。子供は大丈夫ですから、ご心配なく。」と仰ったそうだが、その後が笑える。その先生は「それと、くれぐれも車でバスの後を追わないで下さい!」と言われたそうだ。この過保護国イタリアなら、そんなママさん、いそぉ〜。絶対、いる、いる(笑)。

まぁ、そんなこんなで先月はボローニャでも子供の幼稚園選びで、ママさんにとって大変な時期でした。
[PR]
by carissimi | 2007-02-07 18:42 | イタリア育児事情
ひぇ〜、今時
2月になりました。
イタリアは珍しく暖冬です。「太陽の国イタリア」と良く言われますが、冬は雲が厚く、太陽はほとんど顔を出しません。ここボローニャ周辺は霧が出るし、朝晩はき〜んという空気の冷たさを感じます。日照時間で言えば、東京の半分以下かもしれません。

でも、この数日は、日中はお日様が出ているし、最低気温もマイナスにはなりません。昨年のうちは風邪が流行って、息子のクラスでも半分以上が休んでいたのに、今はほとんど風邪をひいている子はいません。

でもでも。。。先日、イタリアに戻ってから、息子の最初の登園日。朝、園長先生に話があるからと呼ばれて何かと思ったら、年長クラスの子で冬休みの間山に行っていた子が、頭にしらみを持って帰って来たとの事。幼稚園には保健所から調べに来たり、園児全員に医者の証明書を持って来させたり、と大変だった様子。
私たちはその騒ぎの間日本にいたので、もちろんしらみなんて持ってるはずもないし、初日の朝には息子はちゃんと髪を洗って行ったので、問題ないはず。でも、念のため保健所に行って証明書をもらって来てほしい、との事。
仕方なく、翌日の朝保健所に寄って、先生に髪の間を調べてもらって、証明書を書いてもらいました。

こっちの学校では、しらみ騒動はけっこうあるらしく、「家でしらみ検査するのよぉ。まるで猿の親子みたいよ。」と先輩ママから聞いてはいたけど、本当に身近で起きるとは。。。今時、こんな先進国で。

でも、確かにこちらの人は、日本人ほど頻繁には髪を洗わないし、お風呂にも入らない様子。髪の毛は美容院に行った時に洗ってもらうもの、と言う人もいるくらい。

イタリアに戻って来て早々、ちょっとショッキングな出来事でした。
[PR]
by carissimi | 2007-02-01 01:38 | イタリア生活事情