イタリア式秋祭り
さぁ、今日から10月。いよいよ本格的な秋到来。と思いきや、ボローニャはまだ昼間はタンクトップでも歩けるような暑さです。

でもでも、やっぱり気分は秋。勉強の秋。読書の秋。実りの秋。そして食欲の秋。私は夏って毎年食欲が減るのですが(でも普通の人よりはあります)、やはり秋になると通常の食欲に戻ります。

そして、イタリアの秋の我が家の楽しみは、サグラ巡り。この時期、ボローニャ周辺の村々で、Sagra (サグラ)と呼ばれるお祭りがあります。日本で言う収穫祭みたいな物かな。時には、ワインのサグラだったり、肉のグリル焼きのサグラだったり、栗やトリフ、ぶどう、ジャガイモなどなど様々ですが、今日はボローニャやモデナ周辺の名物であるニョッコ・フリット(揚げパンみたいな物ですが)のサグラに行きました。
(「第14回 ニョッコ・フリット祭」 下には「41mのニョッコ」と書いてあります。どうやって揚げるの?)
c0053696_56528.jpg
このニョッコ・フリットなる物。ボローニャ周辺ではクレシャンティーナと呼ばれますが、モデナの近くになるとニョッコ・フリットと呼ばれ、生ハムやチーズを挟んで食べます。今日訪れたカステッリーノ・ディ・サッラヴァッレという村も、ボローニャからモデナ方面の丘の中にあります。

コッリーナ・ボロニェーゼと呼ばれるこの辺の丘は、たくさんのかわいい村々が存在し、美味しいワインもたくさん生産されています。休日には、車でその丘にあるワイン農家を巡ってワインを仕入れたり、丘の上にある美味しいレストランでお昼を食べたり、自然の中をお散歩したり、というのが我が家の休日の過ごし方です。

そして、今日はお昼ご飯に合わせてこの村に向かいました。そこにはニョッコやティジェッラ(マフィンみたいなパン)を食べるコーナーや、ポレンタ(トウモロコシの粉を固めて焼いた物)を食べさせるコーナー、そしてボローニャの名物料理を食べさせるレストランなど食事が出来る場所以外にも、子供用の遊び場、市場、農作業車の展覧会など、今まで行ったサグラの中でもかなり規模の大きい物でした。

食いしん坊の私たちは、まず今日の主役であるニョッコ・フリットとティジェッラを食べ、その後ソーセージ入りのパスタと豚のすね肉の丸焼きを食べました。もちろん美味しかったですよぉ〜。
c0053696_527855.jpg

(左:コッパ・ディ・テスタ入りのニョッコ、右:チーズ入りのティジェッラ)
c0053696_5273120.jpg

(左:豚のすね肉の丸焼き、右:ソーセージのパスタ)

そして、しばらく市場を回ったり、農作業車の競走を観た後、私はニョッコ・フリットの作り方教室に参加しました。このニョッコ・フリットはボローニャの食べ物の中でも私の大好物のひとつ。ぜひぜひいつか作り方を習いたいと思っていたので、張り切って参加しました。始めてみると意外にとても簡単。小麦粉とイースト菌、少量の塩、サラダ油、牛乳を混ぜてこね、ラードで30秒ほど揚げるだけ。これなら子供のおやつとしても簡単に作れます。そして、しっかりおみやげに、残った生地と出来上がったニョッコと修了書をもらってきました。
c0053696_528128.jpg
c0053696_528349.jpg


しかし、今日も食べた、食べた。今夜の夕飯は持ち帰ったニョッコの残りとサラダだけです。。。さぁ、次は何のサグラに行こうかなぁ???
[PR]
by carissimi | 2006-10-02 05:08 | イタリア美食事情
<< モーツァルト年 お誕生会&サッカー観戦 >>