カーニヴァル最終日
今日は、マルテディ・グラッソ(Martedi Grasso).「肥沃な火曜日」と呼ばれるカーニヴァル最終日です。

息子の幼稚園でも、フェスタがありました。

午前中は子供達だけでお祭り。過去2回は、「中世のお城(子供達はお姫様や騎士に扮装)」、「サーカス(子供達は動物やピエロに扮装)」でした。そして、今年は「おもちゃ」がテーマ。
息子は、最初は「電車」に扮する予定だったらしいのですが、途中から「青いフェッラーリ」に変更。衣装も小道具もすべて、子供と先生で手作りです。いろんな幼稚園のカーニヴァルの話を聞くと、他の幼稚園では、家から衣装を用意していくそうで、買わなければならなかったり、「あっちの子の方がいい〜」とか、いろいろ問題があるようです。息子の幼稚園は、こうやってすべて幼稚園でやってくれる(しかも手作り!)ので、親としては大変助かります。

そして、放課後は、親と一緒におやつを食べます。毎年、親が飲食物を持参するのですが、私は、これまでの2回、おむすびと巻き寿司を持って行きました。今年は、「ミニ肉まん」に挑戦。

ネットで調べると、薄力粉だけで作る物、強力粉を混ぜる物、ベーキングパウダーだけで作るもの、イーストを入れる物など、いろんなレシピがありました。前日、友人から竹の蒸し篭を借りて、いろんなレシピを試した結果、「薄力粉だけ、イーストを入れる、2度発酵させる」のが一番、柔らかく冷めても美味しく仕上がりました。

こちらは蒸す前。
c0053696_3542135.jpg


そして、蒸した後。
c0053696_3545485.jpg


計64個作りました。
c0053696_4132536.jpg


そして、いざ幼稚園に持って行くと、やはり、知らない食べ物には手をつけたがらないイタリア人。最初はなかなか売れませんでした。でも、誰かが食べているのを見ると、興味津々。気がつくと、空っぽになっていました。

何人かのママさんや先生からは、「これ、あなたが作ったの?ラビオリでしょ?美味しいわ〜。お店で食べた事があるけど、家で作れるの?」と、お褒めの言葉をいただきました。

今年も好評で、良かった、良かった。
[PR]
by carissimi | 2009-02-25 04:06 | イタリア生活事情
サン・ダニエレ産生ハム >>